日本全国B級グルメぐるぐる紀行

日本全国のB級グルメ情報(居酒屋、立ち呑み、定食、ラーメン、蕎麦、うどん、寿司等)を実食レポートにて、各ランキング評価しています。
(掲載店舗数:3500軒突破!)

立ち飲み 大安(大阪天満)

立ち飲み 大安(大阪天満)


(再訪)
天満バル巡りはしご8軒目。
ってここも今回のバルには参加していませんでした。
まあ、ここまで有名なお店ですから、そりゃ参加して大混雑してはね・・・
前のお店で海鮮を食べたがもうちょい欲しい。
確実に美味しいもんをって思ったら、ここの店しかないでしょう。
天満駅前の「大安」です。

こちらが店頭メニュー。
大安(大阪天満)立ち飲み

ここで思ったのが、前の店でもマグロとすずき食ったなって。
私は大安の海鮮は高く評価しているので、
それと同じタイプの仕入れできているなら、この店も海鮮しっかりしていますよ。
大阪立ち呑み「てんまや」の記事はこちら!

ドリンクメニュー。
大安(大阪天満)立ち飲み

ただ、こちらのお店は立ち呑みやのにお値段お高め。



ここでは繋ぎ程度で考えていた(駅で人と待ち合わせ)ので、少しだけ。
大安(大阪天満)立ち飲み

サッポロラガー赤星の瓶ビール(420円)です。
ん?中瓶??以前来た時はそうではなかったと思いますが。

店内の様子。
大安(大阪天満)立ち飲み

16時オープン直後なのに結構人が入っています。
皆さん一人飲みでまったりと時間が過ぎている雰囲気。
常連が非常に多い店でもあります。

さーて、アテは何食べようかな?
大安(大阪天満)立ち飲み

海鮮のオンパレードですが、迷った時は盛り合わせがええですね。
3種の盛り合わせが600円やったのでそれにしました。

こんな3種。
大安(大阪天満)立ち飲み

まぐろ中落ち、こはだ、蒸しあわび。
こはだの酢〆がさっぱりしててうめえ~
蒸しあわびも刺身ではないので、やわらかーい。

さすがに二人で中瓶じゃ全然足らないから、
ここでの定番、芋焼酎三岳のロック(350円)をいただきます。
これがここで一番、CP値高い酒やと思いますよ。

刺身も進みます。
大安(大阪天満)立ち飲み

今回、ちょっと繋ぎ程度での利用となったが、
さすがの海鮮!
もうちょい別のもんも食べたいので、
JR天満駅駅前にあって立地条件もええし、
待ち合わせがてら、また利用させていただきます。


ひとり呑み 大衆酒場の楽しみ

(以前の記事)
安い立ち飲み屋がひしめく、大阪天満・・・
そんな中で魚の美味しい店として、ここは有名ですね。
梅田、兎我野町の南側、西天満にもお店があります。
今回はそのJR天満駅北側すぐにある「大安」天満店の紹介です。

大安(大阪天満)立ち飲み

7時過ぎに入ろうとしたが、店内は2人も入れないくらい満員。
まあ、立ち飲みやから、待ってたらすぐに空くやろってことで、
3,4分ぐらいしたら空きました♪



ここの生ビールはエビスかギネス。
またそのハーフ&ハーフもできますよ。
そして日本酒&焼酎の品揃えも、おっ!こんなのがってのが、
結構安い値段で置いている。

店頭のおすすめメニュー


そして、少し遠くて上手く写せず見難いが店内メニュー


売り切れた品はホワイトボードから消されていきます。
魚が中心にさすがに立ち飲み、安い値段設定です。

そんな中から選んだのは「さば棒寿司」(400円)


これが非常に旨いんよね。
鯖の旨みと酸締めのすっぱみが絶妙!

そして「すずきちり蒸し」(250円)


ここの料理のレベルの高さがやはり分かります。

今回は2人で1杯ずつ2品でおいとましましたがこんな料理も
あるんですよ。

(あんかけオムレツ)


(メゴチの南蛮漬け)


美味しそうでしょ~

これだけ料理の質がよいもんやから、
ここはまた絶対来ます(^^)

再訪)
天満でも、ここが一番、美味しい魚を、そこそこの値段で出してくれるのではなかろうか。
魚好きの自分が、その旨さは太鼓判を押す店、天満駅前の「大安」に2軒目としてやってきた。

やはり平日7時前後だと店内は満杯状態・・・
さすがの人気店ですね~この旨さでこの安さ、
そして天満駅から徒歩1分
しかし、そこは立ち飲みですから、なんとか2人は潜り込めます。

まずは頼んだのは「鰤あらの塩焼き」。


やっぱりここに来たら、魚頼まなきゃでしょう。
300円ぐらいやったと思うけど、アラと言いつつ、
相当に身ばっかりで、周りに太い骨がついてるだけのような状態でした。
やっぱり脂のノリがよく感じられる旨さです。

そして、ここ「大安」に来ると必ず頼むのは?


鯖寿司かきずしなんですよ、両方400円。
ここの鯖はホンマ最高です。
きずしに今回したんですけど、〆はあっさりしてて、
鯖の濃厚な旨さがよく伝わってきます。
ここの鯖食べると、他では食べれないですね。

これなんやと思います?


「うるか」(400円)っていう珍味です。
「うるか」とは鮎の内臓を塩辛にしたもんなんですね。
これは鮎の白子を塩辛にして、数の子をまぶしたもんでした。
ちょうど、焼酎の水割りに合う珍味。

最後は、紅生姜天(200円)をいただき〆。


さすがの料理の旨さ。
ここのお店はまさに、「立ち飲み一流割烹」です。
値段は他の立ち飲みよりも割高に感じはしますが、
その旨さは、一流割烹並!
やはり天満で飲むには、この店は外せないなあ~


ひとり呑みのススメ

また再訪)
金曜夜の天満呑み。
天満でなくても、安い酒場はあっちゃこっちゃに出来てきたので、
昔ほどは天満に通い詰めってことはなくなりました。
しかし、やはりこれほど密集している街は他にはないです。
その日も仕事を定時に切り上げて、天満に直行。
同行者の仕事終わり待ちに、先呑みしときましょう。
天満で海鮮食べるならば、絶対ここの旨さがナンバー1やと思っています。
「大安」を訪問しました。

その日のおすすめ。
立ち飲み 大安(大阪天満)

ここを先呑みの店に決めたのは、これがあったから。
地鶏生肝が350円!!!
それもまた枠で囲むくらいですから、相当自信の品なんでしょう。
生レバー大好き人間の私がこれは絶対に見逃せない。

まずは、瓶ビールサッポロ赤星(450円)をぐっと。
立ち飲み 大安(大阪天満)

他の天満立ち飲みと比べると、お高めの値段設定のビールなんですけどね。
この赤星ラガーのコクのある味は、非常に好きである。

お目当ての地鶏生肝(350円)。
立ち飲み 大安(大阪天満)

値段安かったので、少なめかと思ったが量たっぷり♪
そして食べてみて、な~んて、ねっとりトロっとした肝なんでしょうか。
ここ大安のネタの質のよさは、非常にいいのは分かっていましたが、
海鮮だけでなく、鶏もすごいですね。
これで350円は相当値打ちもんです。

もう1品頼みましょう。
立ち飲み 大安(大阪天満)

マグロ中落ち巻(300円)です。
大安のマグロが旨いのは以前から承知済み。
中トロなんて700円しますけど、その味はその値段出して納得できるんですね。
この中落ちもたっぷりの量を巻いており、鉄火巻好きの私には大満足。

その日の同行者はまだ来る気配ないのでもう1杯。
立ち飲み 大安(大阪天満)

日本酒もあるんですけど、私にはあまり魅力的ではなく焼酎に。
なんと!「三岳」がですね、350円なんですよ。
この値段なら、絶対「三岳」選ぶでしょ~
客のドリンクオーダーも「三岳」比重が非常に高かったです。

その三岳をロックでいただく。
立ち飲み 大安(大阪天満)

これ水割りやないですよ、きちんとロックです。
この量たっぷりも嬉しいですね。

まだ、その日の同行者から連絡なく、さらにもう一杯、もう一品。
立ち飲み 大安(大阪天満)

鯖の旨さも以前食べて分かってますから、
生サバをお造り(380円)でいただく。
いつもお造り系ならば、日本酒を飲んでいる私ですが、
この鯖の青魚らしい味は芋焼酎でも非常に合います。

ここでようやく、何時到着とのメールがありました。
3杯3品で2000円ちょっと。
これじゃ先のちょい呑みではなく、本気の一人呑みになりましたが、
さすがの大安、大満足の呑みですね~
駅前にあるし、一人飲みしやすい店で、尚かつ旨いですから、
これからも重宝していきます。

旨さ…………19点
安さ…………16点
店の雰囲気…15点
B級度………15点
印象度………19点
総合評価……84点 評価Bランク

住所:大阪市北区天神橋4-11
電話:06-6351-4155
営業時間:16:00~24:00
定休日:日、祝日



全国B級グルメツーリング
(サイト内検索)

料理ジャンル別

次の宿泊候補地

  

地域別

買いたい物リスト

  
ページのトップへ戻る